にほんブログ村 海外生活ブログ

日本を離れて四半世紀〔もしかして俺🎣浦島太郎になっちゃったかも🐢 〕..なブログ

「地球の裏でだらだら日記」改めアジアに戻っての〜んびりリタイヤ生活

🇯🇵🇹🇭仕事をさっさと引退し、『タイ国』に脱出(移住)してみた...の記(📑再入国許可証を空港✈️でgetした編)

にほんブログ村 海外生活ブログ 東南アジア情報へ
にほんブログ村

「リタイヤメントビザ」入国後、1ヶ月で無事取得したものの、

リエントリーパーミット(再入国許可証)は、まだ取れていなかった...✈️

※なんで、通常のビザの他にこんなものを取らせるのか、本当に意味不明ではあるが...

picanha2020.hatenablog.com

 

まあ、お金払って業者にお願いすれば簡単だったのだが...まあ、自分で簡単に取れるそーなので(空港で簡単に取得できるという事なので)...一時帰国の時まで放っぱらかしにしてた

床にどこでも抵抗なく座ってしまう...のが、タイっぽい〜☺️なんか、ホッとする光景

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

私は、3ヶ月に一度ぐらいは日本に帰る予定なので...どうやらくだんの『90日レポート』も提出不要となるらしい...ラッキー!👍

ベトジェット、27,025円/片道なり...安っ!!
この航空会社はアテンダントの制服が「Kawaiiiiii〜!」
ただ..アプリの精度がイマイチなのと、ベトナム語のメッセージ無限ループ...嫌だな...

さて、今回、日本へ戻る所用ができ、ベトジェットで福岡空港に戻る事に相成った。

以前、駐在していた地球の真裏:🌎ブラジルサンパウロでは、一時帰国すると、エコノミークラスで航空券代US$2,000✈️/ビジネスクラスでUS$8,000-10,000🛫というすごい金額が...毎回、掛かっていた...💸

しかも、片道24時間(飛行機が嫌いになってしまう程の)長ロングフライト...そんなのに比べたら、本当にアジアは、安くて、近い...本当に楽だわ...

picanha2020.hatenablog.com

空港線でも直通じゃないので...時間帯によっては「激混み!!」
ちなみに、タイでは、まだ殆どの人がマスクをしている。なので日本だけじゃないよ〜!

ギリギリで初めての(リエントリーパーミット取得)手続きは怖いので、夜中の0:45のベトジェット(福岡行き)にもかかわらず、18:00過ぎにはコンドを出発(なんか、電車のラッシュも嫌だしね)、早めに空港に到着し、リエントリービザを取得場所を探しまくる🔎。

事前情報では、チェックインする前に、申請・取得できるという事だったが、そんな窓口はなく、チェックイン、ボーディングパスを入手後でなければ何もできない状況である事が判明!!

どこかなぁぁ〜。チェックイン前にそれらしきカウンターを探し回る。

なんだよ〜😤(なんか正しい情報を掴み損ねて)早く来すぎちまったという結論だよぉ...😖

ここか!?と、聞いてみるが...「あっちだ!」と言われてしまう...😩

...という事で、時間つぶしで、

一旦、地下まで下りて(ARLの階)、マッサージしたりしてベトジェットのチェックインカウンターが開くのを只管待つのみ(21:00ごろから)。

情報不足で、無駄な時間と金かけちまった...チッ!!

まあ、空港のマッサージは値段はメチャ高いけど、実は上手い(腕がいい)事がわかったので良しとしよう...💆‍♂️

さて、漸く時間が訪れ、行列に並んだ後(マッサージが終わってカウンターに着いたら既に大行列になっていた...😓)チェックインして、荷物を預け...

チケットを持って荷物検査(なぜか一旦、エスカレーターの二階に上がる)をした後、また一階に下り、イミグレーションの フロアにまた降りる...なにこの非効率な造り...?😔

リエントリービザの取得場所は、其のイミグレ(パスポートにハンコを押す場所)の行列の横に(お姉さんが1人だけいる)簡易のカウンターで行う事になる(←写真撮る心に余裕がなかった...)...「リエントリーパーミット」と簡易看板が掲げられている...

チェックイン後、ボーディングパスを持って荷物検査場所へ

皆が並ぶ行列横に逸れてそこで申請する(なお、私の時は、前に先客が1人だけいただけなので特に気になる程は待たない)。

この際の注意事項は、申請書は全て(係員の)彼女に任せれば顔写真もその場で撮ってくれて4,000バーツ(=約15,645円)...

もし自分で(外で撮った顔写真を)持ち込み+用紙への記入も自分でやると3,800バーツ(=約14,863円)になるのだが、明らかに任せてしまった方が、楽で間違いない...

ここに来る前に、簡易台のところでお姉さんに資料を作成してもらう(5-7分)

要は、全部彼女に任せてしまうのが一番楽じゃ〜ん!...結果的に其の方が、時間も短縮、写真代も安くつく...と私は思う...要は、200バーツ(約782円)は彼女ら(係官への手数料であろうから、任せた方が喜ばれるだろうし...逆に払わないと、意地悪...されそう...😨)

 

そこでちゃっちゃと作ってもらった資料を持って、少し奥の(10mほど離れた)部屋にいる係員(狭い部屋に2人いた)がリエントリーパーミットをパスポートに押してくれて、ハイお終い。

ここでリエントリービザを押した後、またイミグレに行列に並び直す必要あり

ただ、(イミグレの前にできた行列とは別に)そのまま(横道から)出国させてくれれば良いのに...もう一度、行列に並んで、イミグレを正式に通過しなければならない...ムムム...😵

マルチプル...

「え〜、これ並ぶのぉぉ...」と寂しい眼差しで、最初の係員の彼女を見つめていると、(最初のカウンターの女性が顎で指示してくれ)横入りができて🙆‍♂️...少しだけ(気持ちだけ...)早めにイミグレを越える事ができる...ような、ないような...ま、いいか...

これにて「リエントリービザ📑」無事ゲット!!にて

ひとまず終了!

...あ〜これで暫く...ひと安心、ひと安心...みたいな...

ビールとクイッテアオを食べて、日本便に乗り込む


...以上...