にほんブログ村 海外生活ブログ

🇯🇵成田山新勝寺⛩の表参道の『駿河屋』で「大井川共水うな重」を喰ふ🥢。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

一時帰国した際に、成田駅前のホテルに宿泊する機会が何度かあった。

このコロナ禍の隔離後、成田に数泊する事ができた故、JR成田駅近辺特に成田山新勝寺表参道なんぞを歩き回ってみた。

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ

この成田山新勝寺を中心に形成された門前町の風景は、本当に素敵で、江戸情緒の香りがいまでも薄っすらと残っている。

さて、ここでは、江戸時代より利根川」「印旛沼」「手賀沼なんぞの水源が近い事から、ことさらうなぎが有名‼︎鰻屋だけでも何軒もこの参道に軒を連ねる。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

そんな中で、本当にここは総合点が高い!!(行き易さ、大きさ、美味しさ、有難さ等)と思えたお店をちょっとだけご紹介...。

f:id:picanha2020:20220312180725j:plain

表参道では「新勝寺に一番近い」うなぎやさん

ここは、あの有名な鰻の『川豊』から少し奥にある駿河

この辺りのお店は、門前町らしく、本当に歴史が長いお店ばかりだが...

f:id:picanha2020:20220312180818j:plain
f:id:picanha2020:20220312180855j:plain
このお店も御多分に洩れず、な...なんと⁉️約220年も前の)寛政10年(1798年🏯には、既に「旅籠屋」として商売をしていたと言う事...
...す...すげぇぇ...😵...

f:id:picanha2020:20220312180744j:plain

ここのえ本みりん...だそう...

※ところで駿河屋という店名は、どうやら創業者(駿河屋与兵衛)が駿河静岡県)の出身だったからなんだとか... 
f:id:picanha2020:20220314210206j:plain
f:id:picanha2020:20220314210623j:plain
f:id:picanha2020:20220314210612j:plain

f:id:picanha2020:20220312180700j:plain

蓋を開けると...

f:id:picanha2020:20220312180713j:plain

な...なんじゃ〜!!このでかさは〜!!

上の写真は特上うな重一尾半(肝付き)5,280円

このお櫃からはみ出す程でかさ圧巻‼️⤴️

しかも、ほんのり柔らかくて、非常に食いごたえ有り‼️👌

...でも、まあブラジルR$(レアル)に直すと=255レアルかぁ...高いかな、やっぱ...

f:id:picanha2020:20220312180807j:plain

『大井川共水うな重』がいやに目立つ...

f:id:picanha2020:20220312180756j:plain

...が、これ‼️

 

実は...前回、このお店を訪問した際に、料理時間が30分ほど掛かるという事で、この『大井川共水うな重 6,270円なりを食べる事ができなかったので、今回は時間を十分に確保した上で、注文してみた‼️

 

う〜ん!美味い!😊

 

駿河屋のうなぎは幻の共水うなぎ。
大井川の南アルプス伏流水と厳選された飼料によって育てられ、薬品は不使用。天然物に負けない甘い香りと味を養殖鰻(うなぎ)で唯一もたせることに成功。栄養も豊富で脂は体組織の25%も程ですが、しつこさは無く肉厚つで脂肪の層が全体に広がっているので、口の中でとろける感じがする...そう...

●タレは地元の下総醤油。
成田の隣町香取市産。原料の丸大豆・小麦・塩は厳選された国産品のみを使用。また醤油の醸造に不可欠な「蔵つき酵母」が150年棲みついている蔵で、伝承の木桶仕込みによってつくられました。自然と微生物の力を借りてゆっくりと熟成した下総醤油は、赤みのさした香り高いまろやかな味わいの最高級品です。

●ご飯も千葉県産のコシヒカリを使用。「横芝小堤(おんづみ)の名水」で炊いたこだわりのご飯。

f:id:picanha2020:20220314210654j:plain

美味しいエキス、旨味をドボドボ〜!

このコロナ禍のご時世、店舗の狭い「川豊(有名な行列店)に行列して待つならば、こちらのゆったりと大きい店舗に来るべし⛩とオススメしたい〜🥢

私的には「大井川共水うなぎ」は、一回だけでいいかなぁぁ...。どちらかと言うと、『特上うな重一尾半』の方がビジュアル的なインパクトがすごいかなぁぁ〜🤣

 

以上!